中小企業専門、ヒアリング重視。
横浜のホームページ制作会社 株式会社アールジャパン

切り絵レースネックレス、および切り絵レースウェディングベールはこちらです。

話題のScratchをAndroid、iPhone、iPadなどで動かす

2015年8月22日に横浜・山下公園付近でScratchで作る「おばけ退治ゲーム」プログラミング体験ワークショップを開かせていただくのですが、iPadなどのタブレット端末で動かないという少し困った問題がありました。

お問い合わせをいただき、調べたところ、ScratchをAndroidやiOS搭載機器で動かす方法がわかりました。
お子さまに早期プログラミング教育をしたいという方には、ちょっと朗報なのかもしれません。

Puffin Web Browser

Android、iPadといったタブレットでScratchを動かすことはできませんか?というお問い合わせをいただき、調べたところ、Puffin Web Browser というアプリがありました。

このアプリ、うちの息子もはまっている「艦これ」のユーザーの方には有名だったようです。

無料版と有料版があり、無料版は下の方に広告が表示されますが、Scratchを動作させるには何の問題もありません。

インストール

PlayストアやApp Storeで「Puffin Web Browser Free」を検索します。Academyバージョンもあるようなのですが、こちらは学生でないので、ためしていません。

Scratchにアクセス

Scratchのサイトにアクセスします。

Scratchのサイトが表示されます。「やってみる」をクリック(タップ)します。

通常のブラウザならば、こんな感じにFlashが使えないという画面になり、Scratchの操作ができません。

0137cb9521fd18cec46ae8d84e986bd5b0a1fe08a0

しかし、Puffin Web Browserなら、Scratchのプロジェクト画面が表示されます。

01e690f3f3a9e2e942028fa69790e897d4e5565d62

マウス操作

Scratchはドラッグで部品をスクリプトエリアに移動させて、プログラミングをしていきますが、ドラッグが少し厄介です。

scratch

画面の左下のマウスの絵をタップすると、トラックパッドが表示されます。
トラックパッドでマウスカーソル(白い矢印)を動かしてタップするとクリックしたことになります。

ドラッグの場合は、マウスを目的の場所まで持って行き、長押しするとマウスが手のマークに変わります。手のマークを移動するとドラッグができるという感じです。

2015年8月17日現在、iDeviceのPuffinは、ドラッグするのに長押しすると青い円が表示された後に手のマークになりますが、Android側は青い円が表示されません。

でもスマホではオススメしません

スマホでは横長にしても縦長にしても、Scratchの画面が小さすぎて、これでプログラミングをやろうという気持ちにはなかなかなりませんが、タブレットならばもう少し見やすいのではないかと思います。

もちろん、Scratch以外でFlashで動くゲームなどに使うことができます。
楽しんでプログラミングをしてみてください。