中小企業専門、ヒアリング重視。
横浜のホームページ制作会社 株式会社アールジャパン

切り絵レースネックレス、および切り絵レースウェディングベールはこちらです。

レンタルサーバーを選ぶ基準は料金?

無料ホームページからの移転や初めてホームページを持つ方にとって、レンタルサーバーはどれにすれば良いか?はわからない問題のトップ3に入る問題です。
レンタルサーバーの比較サイトはいろいろあるのですが、正直、私が読んでもだからどこが良いのか?と思います。
弊社では、このような基準でお客様にレンタルサーバーをお選びいただいております。

なぜレンタルサーバーの料金はこんなにも違うのか?

レンタルサーバーはロリポップやさくらインターネットのような月額250円くらいのところから、月額10,000円のようなものまで、レンタルサーバーは業者やプランがたくさんあります。
中にはメールアドレスは別料金のように見えるようなものもあり、どこのを選べば良いのか、まったくわからない….!

ご安心ください。仕組みは大変簡単です。

料金はアクセス数と比例するとお考えください。
たとえば、1日のアクセス数が10万PV(ページビュー:1日で閲覧されるホームページのページ数の合計)の企業と100PVの企業ではレンタルサーバーが異なるだろうなと予測しないでしょうか?

なぜでしょう?処理量が違うから、なんとなくそう思った。
それが正解です。

flow_out

ものすごく単純化すると、高いレンタルサーバーには太いパイプと大きなコンピューターが付いています。
料金に比例して、パイプは細くなり、コンピューターの処理能力も落ちてきます。
すると、どのようなことが起こるのでしょうか?
ホームページを見たいと思って、どこかのページを見たいと入力やクリックをしてから、実際に表示されるまでのスピードが変わってきます。
同じデータ量を流すのだとすると、高いレンタルサーバーを使えば、理論的には速くなり、安いサーバーを使えば、理論的には遅くなります。これが料金の差です。
ページの表示速度が遅ければ、見ているユーザーは「遅いなぁ」とストレスを感じ、ブラウザを閉じてしまう傾向があり、SEO対策的にもストレスを感じない表示速度にすることが求められます。したがって、速いサーバーを使うことは、SEO対策にも有効ということになります。

高いレンタルサーバーは必要か?

しかし、ここでじっくりと考えてみましょう。
弊社では1日のPV数が1,000PV以下くらいであれば、月額1000~1500円程度のレンタルサーバーで十分だと考えています。
小売店や小規模事業者であれば、300-500PV/日あれば、まぁまぁ売り上げが上がる感じではないかと思います。
実際に、SNSを使うなどで労力をかけて集客されているお客様でも100-200PV/日程度の方が多いのが実情です。

一定時間の間にアクセスが集中することがなければ、パイプが細くても、それなりの速度が出るため、閲覧するお客様にはストレスを与えることもありません。
したがって、各レンタルサーバー業者の1500円前後のプランであれば、小規模事業者には十分であろうと考えています。

ちなみに弊社がオススメしているのは「X-Server」です。
これは非常にわがままな理由ですが、業者としてメンテナンスが楽なサーバーだからです。弊社もお名前.comからX-Serverに乗り換えたのですが、phpMyAdminがインストールしなければ使えないからというのが大きな理由でした。また、サーバーのメンテナンスや停止時間もX-Serverの方が少ないように思います。

では安いレンタルサーバーは?

格安プランのレンタルサーバーで何か問題があるのか?と言われると、普通にホームページを運営していくだけであれば特に問題もありません。
どのような問題が起きてくるかというと、自分のサーバーからメールマガジンを配信できるようにしたときに、送る数が多くなりすぎると、サーバーを使い過ぎだと警告があるかもしれません。
レンタルサーバーにインストールされているCGIのバージョンが古いことが多く、思ったようにシステムが動かないこともあります。
もしも、何かの記事がバズりアクセス数が急激に増えた場合には、サーバーダウンに至ることもあります。

レンタルサーバーを引越しするのは、大変な作業になりますので、できれば当初からそこそこのレンタルサーバーを借りておいた方が、後々に発展した時も楽なのではないかというのが弊社の考えです。

また、みなさんが一番心配される、「レンタルサーバー業者のトラブル対応」は、安いからダメ、高いからしっかりしているということはないように思えます。格安レンタルサーバーの会社でも、電話でしっかりと対応していただいています。
というよりも、まずホームページで何か問題が発生した時に、直接レンタルサーバーの会社に連絡されるお客様はいらっしゃいません。
みなさん、「ホームページを作った業者」へ「おかしい」と連絡されるのではないでしょうか?
だから、レンタルサーバー業者のトラブル対応力を心配されるのであれば、ホームページ制作業者のトラブル対応力を心配された方が良いと弊社では考えています。