中小企業専門、ヒアリング重視。
横浜のホームページ制作会社 株式会社アールジャパン

切り絵レースネックレス、および切り絵レースウェディングベールはこちらです。

ホームページを作るのに何を用意すればいいの?

ホームページを作るとなった時、何が必要なのかとても不安になります。
「文章は得意じゃない」「写真がない」「他に何がいるのかわからない」「ホームページ制作代金以外のお金はどのくらい必要なの?」
ここでは、Jindoなどの無料ホームページを使わずに企業ホームページを作ることを前提として、必要なものを解説していきます。

契約が必要なもの

まずは、契約が必要なものを挙げておきます。

レンタルサーバー
ホームページに必要なファイルを置いておくコンピューターのことです。自社で用意することもできますが、メンテナンスが容易ではないため、ほとんどの場合、レンタルします。
レンタルサーバーについては、WEBサーバーってなに?でも解説しています。
ドメイン
xx.comやyy.co.jpなど、自社を表すインターネット上の住所のようなものを取得します。1年以上の契約のものが多く、年額数百円~1万円弱程度です。希望する名前+「co.jp」「com」「net」「jp」などのドメインに空きがあれば、取得することができます。
ただし、co.jpは法人格がなければ取得できない、go.jpは政府系の組織であることなど、ドメインによっては個人や法人では取得できないものもあります。

ドメインは何が良いのか?と聞かれることがありますが、法人であれば、co.jpを取ることをオススメしています。これは信頼感が増すためです。その他、comは「商用」、netは「ネットワーク系」など、昔は棲み分けがされていましたが、今はドメインが次々に出てきていることもあり、あまり棲み分けはされていません。
また、YahooやGoogleといった検索サイトがあまり有効活用されていなかった頃には、xx.comの「xx」の部分はできるだけ3文字に近い方が良いとされていました。これはURL(http://xx.comの形)を直接入力していたので、短い方が楽とされていたからです。
今は、あまりURLを直接入力することはなくなってきていますし、企業名がよくわかる名前を付けることが一般的となっているようです。

取得方法ですが、レンタルサーバー会社がドメインの取得代行も行っていることがほとんどです。セットで契約した方が設定が楽です。

SSLサーバー証明書
Googleが2016年に入れた大きな変更が、セキュリティ対策。中でもインパクトがあったのは、httpsで始まる暗号化通信により、個人情報の保護がなされているサイトの優先順位を上げるというものです。
これにより、SSLを入れていなかった中小企業は、打撃を受けたところもあると思います。

SSLって何?というと、暗号化通信を行うことによって、WEB(レンタル)サーバーと閲覧しているユーザーの間で、情報を盗まれないようにする仕組みです。SSLサーバー証明書は、ウェブサイト所有者の情報や送信情報の暗号化に必要な鍵、証明書発行者の署名データ(ネット上の実印のようなもの)を持った電子証明書のことを言います。
この電子証明書は、一般的にはSSLを専門に扱う業者と契約をして、証明書を発行してもらいます。「何をどこまで」証明するかによって価格も異なります。
SSLの比較サイトをリンクしておきます。

レンタルサーバー側にもSSLはあるのですが、レンタルサーバーでは一般的な共用サーバー(一つのサーバーをみんなで使う)の場合、暗号化通信と言っても、同じ共用サーバーを使っている人全部が同じ鍵を使うことになり、安全性に問題があることが指摘されています。
基本的にお問合せフォームがあれば、個人情報のやりとりを行うことになるので情報漏えいを防ぐためにはSSLが必要です。
とは言え、小規模事業者であれば、ランニングコストは痛いもの。絶対とは言いませんが、お客様が安心して使える環境を構築するのも、企業の努力です。

自分たちで用意するもの

ホームページを構成するものと言えば、レイアウトと文章(原稿)と写真やイラストなどの画像です。
そして、一番大切なものは「マーケティング」「事業計画書」「営業ノウハウ」などです。

レイアウトはデザインにも関係があるので、一般的にはホームページ制作業者側から提示されることが多くなります。
しかし、何をどのように載せていくのかを考えるのは、企業側です。
ホームページ制作と言うと、なぜか全部を丸投げされることが多いのですが、ホームページ制作業者は基本的には、「いただいた原稿と画像をうまいこと配置する」いわば内装業者です。
ホームページ業者は御社の営業ノウハウを知っているわけではないので、内装はできますが、工事の指示はできません。

ターゲットが変われば、デザインも変わります。ネットで集客をするのか、紹介が多いのでステータスのために持つだけなのか、ポリシーが違えば、導線も変わってきます。(紹介が多い方は、ネットからの集客を嫌がる方もいらっしゃいます。)
だからこそ、どのような内容を盛り込んだホームページにするのかをまず考えなければなりません。

内容が決まったら、原稿が必要です。文章が苦手という場合には、ライターに依頼して、取材してもらい原稿を起こしてもらうこともできます。また、一度書いた原稿をライターに書き直し(リライト)してもらうという手段もあります。

画像については、企業側にご用意いただくことが前提です。しかし、ご用意いただく写真はプロに撮ってもらったものをご用意いただきたいとお願いしています。
個人でご用意していただく写真は、製品やサービスの良さが伝わらないものが多かったり、照明(ライティング)が良くなかったりと、ユーザーが見た時に「イマイチ」な写真が多いことがあります。

こういう場合には、カメラマンを手配し、きちんとした写真を撮ることをオススメしています。特に通販の場合は写真が命!
売上につなげるためにもぜひプロに撮ってもらってください。

また、イメージ写真で良い場合には、写真購入サイトで1枚単位で写真を購入するという手段もあります。価格は100円強から1万円くらいまでさまざまです。
画像はホームページの印象を左右する大切なパーツです。吟味して使うようにしましょう。

その他、ホームページにあると良いもの

それは、システムです。
たとえば、予約システムやメルマガ配信、製品ギャラリー、通販カートなどです。
何でも入れれば良いというものではありませんし、システムを入れるとその分制作費もかかります。

しかし、予約を問合せフォームから行うものと、予約システムから行うのでは、ユーザーの印象も大きく変わります。
ユーザーが望んでいることをホームページ上で先回りして用意できると成約率も上がってきます。
予算とユーザーに動いてほしいと思う導線をよく考えて、システムをいれるかどうかを考えることをオススメします。